7 Apr. 2015 #4


◆タケダ杯 M-A(140cm) 佐藤泰&如意!2年ぶり2度目の優勝!!



佐藤泰&如意


 今大会のメイン競技、OSAKA GRAND PRIXを制したのは、前日のCSI-Wに続き、佐藤泰&如意。全日本チャンピオンらしい危なげない走行で、2年ぶり2度目の優勝と賞金100万円を獲得した。強さの秘訣はスタートから第一障害に向かうスピード!巧みな走行に加え、スタートの良さが泰を勝利に導いている。秋にはまた泰&如意の活躍が見られるのか?! 打倒泰!新たなチャンピオン誕生にも期待したい。



◆ウォルサム杯 M-B(130cm)チャンピオンシップは平井勝久&スワグマン!


平井勝久&スワグマン


 開始と同時に持ちこたえていた雨が降り始める悪条件の中で行なわれたウォルサム杯は平井勝久&スワグマンが初優勝!26歳の平井、12歳のスワグマンと、これからが楽しみなコンビが春のM-Bチャンピオンに輝いた。



◆FRANCK MULLER CUP M-C(120cm)チャンピオンシップは仁田原志起&ザローマ!


仁田原志起&ザローマ


 電光掲示板のタイムを見上げながら最終障害をクリアした仁田原。最後は全日本チャンピオン佐藤泰が俊足・黒姫と記録した32.05秒をさらに0.59秒上回る速いタイムを記録し、会場を沸かせた。「勝ちたいと思って勝てたことが嬉しいですね」と満面の笑みを浮かべた仁田原。「ザローマのオーナーに良いお土産ができました!」と話しながらも、握りしめたFRANCK MULLERの時計は「離したくない!」のだそう。果たして時計の行方は?!



◆杉谷馬事公苑杯 M-D(110cm)チャンピオンシップは杉谷泰造&ザレッティ!


杉谷泰造&ザレッティ


 最終日のエントリー数は82組。
大混戦のM-Dを制したのは、杉谷泰造&ザレッティ。24組で行なわれたジャンプオフでは、見事な回転でタイムを稼ぎ、2位に3秒の差をつけた杉谷&ザレッティ。「速かった!」と自身も納得の走行で優勝を飾った。



PDFでダウンロードする

© Biznet Ltd. All Rights Reserved.